酒とタバコ

体にどんな影響

体に良いものを生活の中にたくさん取り入れることができれば、健康的な生活をするのに役立ちますが、逆に体に悪いものについては徹底して排除したいものです。
私達が生活をしていく中で触れる機会が多いのがタバコや酒ですが、タバコや酒は体に悪いといわれることも多いです。
実際に酒とタバコは体にどのような影響を与えているのかを把握してみましょう。
まずは、お酒について考えてみると、お酒に含まれるアルコールを摂取することで、肝臓に負担をかけてしまいます。
健康を損なう可能性の高い脂肪肝を引き起こすこともあって、症状が酷くなってくると、疲労感、食欲不振、肥満などの症状があらわれるのです。
さらに、毎日大量にアルコールを摂取していると、肝硬変という症状になる可能性があり、この状態になってしまうと健康な肝機能を取り戻すのは難しくなってしまいます。
また、脳にも悪影響を与えるとされることから、アルコールの摂取の仕方を誤ってしまうと、人体にとって大きな損失になるのは間違いないでしょう。
次にタバコですが、タバコは長期的な喫煙によって各種臓器の損傷を引き起こしてしまう可能性があり、それが引き金となってがんや狭心症、心筋梗塞などを発症してしまうこともあります。
タバコの場合は、リラックス効果を得られるなどのメリットがあるのも確かですが、体に悪影響を及ぼす具体的な例がしっかりと出されているので、健康的な生活を送りたいならば、しっかりと考える必要がありそうです。