実現まで

不動産売却の実現を考えたとき、初めての不動産売却を検討する人にとって、その取引の流れや、契約の流れなどは、なかなか想像がつきにくいものです。 ここでは、そんな不動産売却に伴うステップについて、簡単にご説明しますので、詳しくは不動産会社に気軽に確認するようにしてみてください。

まず不動産は、売却すると決めたら、いくらぐらいで売れそうかの目安を立てます。

その目安がついたら、実際に不動産会社を探すことになります。

信頼できる不動産会社が見つかったら、所有している不動産の物件価格の査定を依頼します。 査定依頼の結果に満足できた場合は、不動産会社に仲介を依頼します。すなわち、媒介契約を結ぶということになります。

不動産会社との媒介契約が結べた後に、実際に不動産を売りに出すことになります。

売りに出した不動産の購入希望者が現れた段階で、買主となる希望者との交渉がスタートします。

売買契約を結ぶ前には、購入希望者に対して、物件に関するできるだけ正確な情報を提供するようにしましょう。

そうすることで、売買取引においてのトラブルを抑制することができます。

売買条件の合意を得ることができた後、買主との売買契約を結ぶことになります。 売買契約の締結が無事に完了すれば、最終的に、不動産を引き渡すことになります。 こういった流れで、不動産の売却というものは進んでいきます。